あるるんブランド

HOME > あるるんブランド

「 雪下野菜 」ってなに?

雪下野菜イメージ
雪下野菜イメージ

日本有数の豪雪地として知られる上越地域では、冬の間、雪を貯蔵用として利用しています。野菜はこの雪の中で寒さから身を守ろうと糖分を蓄え、甘みと旨みが増しておいしくなります。これが雪国ならではの味。大人気の雪下・雪室(雪中貯蔵)野菜です。

地元農家さんに聞く!!

なぜ、雪下野菜はおいしいの?

地元農家は、昔から冬場の野菜保管として雪を当たり前のように利用してきました。雪の中はほぼ0℃に保たれ、湿度が高いので凍ることはありません。その雪に包まれた野菜は寒さから身を守ろうと糖分を蓄えるため、野菜自体に甘みと旨みが凝縮され、みずみずしくおいしい野菜になるのです。近年は地域内外からも注目され、ますます人気が高まっています。

「 米っしいポーク・ビーフ 」ってなに?

「米っしぃ」とは、JA管内で生産された飼料用米を一定期間、一定割合給餌し、管内で肥育された豚肉、牛肉のことです。従来よりも脂身がしつこくなく、肉質が軟らかいのが特徴で、JAえちご上越オリジナルの新ブランド肉として注目を集めています。

食と農をもっと身近に!あるるん農業体験 あるるんブランド 雪下野菜のご紹介 周辺観光スポット
先頭に戻る